発達障害の治療方法

発達障害の治療方法

発達障害の治療方法

発達障害を治す根本的な治療法は、残念ながらありません。

 

発達障害を現代社会の中に、
どうやってうまく適応させることができるかということが重要です。

 

本来持っている長所や能力を発揮するためには、
個々の認知特性を補うような支援、環境調整を行うことが必要です。

 

しかし、場合によっては薬を使用する場合もあります。

 

■塩酸メチルフェニデート

注意欠陥多動性障害において、中枢神経興奮剤である塩酸メチルフェニデートは、忠注力を高め、多動を抑制する働きがあります。

 

■抗うつ薬(イミプラミン)

塩酸メチルフェニデートでは、効果がみられない場合、使われることがあります。
しかし、まだまだ研究がされていない部分もあり、治療薬としては使用しない医師も多いようです。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ