発達障害の現状を知る

発達障害の現状を知る

発達障害の現状を知る

発達障害に関しては、様々な研究が進んでいるところですが、
社会においての現状はどのようになっているでしょうか。

 

 

●特に、軽度発達障害に関しては、障害自体が判断しにくいため、

認知度も低く、育て方による問題とされるケースが少なくありません。

 

●現在の調査によると、学童期の児童の5〜6%が「軽度発達障害」であるとみられています。

 

●従前から認知度の高かった「脳性麻痺」や「知的障害」などは、

知的障害者福祉法等による支援がされてきましたが、認知度の低い障害に対しては、支援が遅れぎみでした。
そこで、平成17年度に、従来の法律では対象とされていなかった障害を
「発達障害」であると定義付けし、発達障害者支援法が新たに制定され、支援の対象となりました。

 

●様々な発達障害の正しい知識が知られるようになり、
各障害の専門医・専門家による情報ネットワークも検討されるようになりました。
欧米では既に、小児アルツハイマーやダウン症などを専門に診察・指導する
クリニックが数十箇所あり、お互いに連携をとりながら、日々研究を進めています。

 


 


ホーム RSS購読 サイトマップ